パーツやスクラップとして

廃車

処分の負担が少なく

古くなり故障しがちになった車や、新しい車を購入したことで不要となった車は、処分する必要があります。処分せずに手元に置いておくことも可能ですが、もう運転しないにもかかわらず、重量税などの維持費がかかります。そのことから多くの人が、処分のために廃車手続きを行っています。ところが廃車には、解体費用やリサイクル料金、抹消登録費用などが、トータルで2〜3万円かかります。その負担から廃車を渋る人も少なくないのですが、買取サービスを利用すれば、負担は軽くなります。買取サービスは、多くの場合は車の解体業者や修理業者が行っています。解体の際に、まだ使用可能なパーツを取り出しておけば、他の車の修理に役立てることができるからです。特に海外では、日本車のパーツに高い需要があります。そのため中古車としての販売が不可能という状態の悪い廃車でも、買取対象となっているのです。また使用できないほど壊れたパーツについては、スクラップとして買取されます。車の大きさや状態にもよりますが、廃車の買取価格の相場は5〜10万円となっています。全体をスクラップにする場合でも、買取価格は1〜3万円ほどなのです。廃車費用と同等か、それを上回る金額となるわけですから、このメリットから多くの人が買取サービスを利用しています。もちろん、エンジンの故障などにより業者のもとへ持ち込むことができない場合には、レッカー車を手配してもらえます。自力で手配するよりも手軽なので、こういった点からも買取サービスは人気となっています。

Copyright© 2017 事故車は中古販売店で購入可能!販売価格で車両を厳選しよう All Rights Reserved.