希望する日に引き渡せる

ハンドル

土日や祝日でも来てくれる

バイクを売る場合、査定額に満足できるときは、その場で売買契約書にサインして、バイクを引き渡すことができます。また、バイクの引渡日を別の日にすることも可能です。例えば、3月末まで通勤や通学でバイクが必要という場合は、バイク回収の日時を4月に設定することができます。ただし、買取を行う会社によっては、契約書にサインしてから2ヶ月以内にバイクを引き渡さなければならないなどの規約があるため、期限までにバイク回収を依頼するようにしましょう。バイク回収の前までに、契約書へのサインは完了しており、自賠責保険や車検証などの必要書類もすべて準備しておく必要があります。また、バイク回収時にスペアキーや車載工具、取扱マニュアルなど、バイクを購入したときに付属していた書類や備品も一緒に引き渡すようにすると喜ばれます。スペアキーやマニュアルなどは、必ずしも引き渡す必要はありませんが、査定時に付属物が揃っていると査定額がアップするため、バイク回収時に一緒に持っていってもらうとよいでしょう。売却に必要なすべての手続が完了している場合は、バイク回収時に立ち会う必要はありません。同居の家族などが家にいれば、バイクの持ち主が不在でも問題ありません。ひとり暮らしの人は、バイク回収の日時を事前に決めておく必要があります。売る人の都合にあわせて、土曜日や日曜日、祝日にもバイク回収に来てくれるので、都合の良いスケジュールを伝えるようにしましょう。

Copyright© 2017 事故車は中古販売店で購入可能!販売価格で車両を厳選しよう All Rights Reserved.